アルコール

バストアップを妨げる成分としてアルコールもその一つです。


バストアップをしたいと思って、色々と試しているという人の場合には、アルコールの摂取についてもよく考えましょう。


女性ホルモンというのは、バストアップには欠かせない成分ということになりますが、バストアップのための女性ホルモンは、肝臓の働きに影響させるとも言われています。


肝臓の働きを抑える効果あるとも言われているのです。


ですから女性ホルモンを増やしたいと思っている人が、アルコールを飲んでしまうと、肝臓の機能がうまく働きませんので、不調になることになります。


アルコールを飲んで普段なら何ともなかったという人でも、バストアップのために、色々と女性ホルモンの分泌を活発にしようとしていると、アルコールが回り過ぎて不調になるというわけです。


バストアップを妨げるということにはならないかもしれませんが、バストアップのために、色々と女性ホルモンが分泌するようにしている人は、アルコールで体調が不調にならないように気をつけたいですね。


少しのアルコールなら、血液の流れもよくなりますし、新陳代謝も良くなりますから、女性ホルモンの分泌につながります。


大量のアルコールの摂取は肝臓に負担もかかりますし、女性ホルモンの性で肝臓が機能をストップしていますので、その点は注意しましょう。


可能であれば、バストアップを目指して色々と試している時には、アルコールは控えた方がいいかもしれません。

posted by バストアップ | Comment(0) | TrackBack(0) | バストアップ