豊胸とホルモン

豊胸に大きく影響しているものがホルモンです。女性の豊胸へのあこがれは強いものだと思いますが、これは体質によっても遺伝によっても豊胸出来るかできないかが決まります。胸が小さい人は遺伝によって決まっているといってもいいということになると思います。体質や遺伝も十分豊胸に関係していると思いますが、ホルモンの分泌やホルモンのバランスが一番影響しているといってもいいといわれています。女性ホルモンは年齢とともに分泌が盛んになって、若いころをピークにして脂肪をしっかりと胸に蓄積してくれます。ということは豊胸な人の場合には、脂肪が沢山女性ホルモンの分泌によって蓄積された結果ということになります。
この女性ホルモン、残念なことに、年齢とともにどんどん減少してしまうといわれていますから、年齢を重ねればどんどん胸が小さくなっていきます。その上若いころに蓄積された脂肪も、年々ダイエットやなどで減っていきますから、これが豊胸にならない原因です。女性ホルモンのバランスをしっかりととること、それが豊胸へとつながっていくわけですが、女性ホルモンの分泌は自分ではコントロールできないと思います。
女性ホルモンの分泌を促すようなサプリメントや女性ホルモンを分泌させる効果のある食べ物などを食べるようにすることで、豊胸へとつながりますから、日々の生活の中で気をつけてみてはいかがでしょうか。豊胸のキーポイントとなっているのは、女性ホルモンの分泌なのです。
posted by バストアップ | Comment(0) | TrackBack(0) | 豊胸