脂肪注入

豊胸の方法の中には脂肪注入法と呼ばれる方法がありますが、これは自分の体の中にあるお腹やおしりにある余計な脂肪を取って、それを豊胸のために胸に注入するという方法の豊胸術です。


注入する脂肪は自分の体の中にあったものなので豊胸手術が比較的安全にできるのではないでしょうか。


豊胸の脂肪注入のメリットとしては自分の体の中にあるものを注入するので他の豊胸術に比べると安心で安全な豊胸術だといえますが、デメリットとしては体の中に脂肪が時間がたつにつれて吸収されていきますから豊胸を維持するためにはバストアップのために体操やマッサージをしていかないと長時間豊胸をキープすることができないというデメリットがあります。


豊胸の脂肪注入でのサイズアップはだいたい1カップ位といわれていて自然な感じでバストアップができるのですが、注入した脂肪が固まってしまうこともあり、場合によって乳房がボコボコするといったデメリットもあります。


自分の脂肪を注入する豊胸の手術ですが、胸にもともとあった脂肪ではないために人によっては体に合わないという人もいてなじまないケースもありますからよく考えたうえで脂肪注入法の豊胸術をした方がいいと感じます。

posted by バストアップ | Comment(0) | TrackBack(0) | 脂肪注入
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26796136
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック